【ネタバレ無し】ゲット・アウト(Get Out)は怖いけど痛快なホラー映画だった

ホラー映画「ゲットアウト」をネタバレ無しでレビュー。ゲットアウトは、正直怖い。でも、幽霊的な怖さではなく、人間心理的な怖さを存分に味わえる名作品である。ラストでは、痛快なシーンもあるので、ホラー映画が苦手な人で楽しめる作品だ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3はSFラブロマンス映画だった

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3を観た感想をまとめてみた。バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3は、私が考えうるに、時空を超越するラブロマンス映画だったのだ。こんなに壮大でピュアな物語もなかなか珍しい。あなたも是非、タイムトラベルをしてみないか。

ハリウッド版ゴジラ(GODZILLA)は勿体ない箇所が多い作品だった件について

ハリウッド版ゴジラ(GODZILLA)を観た。大怪獣バトルを高度な映像技術で観れるので、大怪獣バトルが好きな人にはオススメだ。しかし、ハリウッド版ゴジラは個人的に勿体ない箇所が多い作品だと思っている。どこが勿体ないかは、ここだけで収まる話ではないのだ。

【感想】ラ・ラ・ランドの終わり方が精神的にキツかった話をさせてくれ

ラ・ラ・ランド(La.La.Land)のエンディングがかなりキツイ。ミュージカル映画としてはかなり面白いのだが、まさかのあの結末とは…。壮大なネタバレをしているので、まだラ・ラ・ランドを観てない人はこの記事を開くんじゃないぞ!いいな!絶対に開くんじゃないぞ!

つまんねえと思ってたリトル・ダンサーが後半になって面白くなった話

リトル・ダンサーという映画がある。1984年のイギリスを舞台にした映画だ。正直私は、この映画の前半をみていて「つまらないな」と感じていた。しかし、後半になって一気に映画の世界に引き込まれていった。マジで…「つまんね」とか思ってすみませんでしたァアア!!!