【ネタバレ感想】『When a Stranger Calls』は、中身のないホラー映画だった

 『When a Stranger Calls』は、中身のないホラー映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『When a Stranger Calls』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『When a Stranger Calls』ってどんな映画?あらすじは?

『When a Stranger Calls』は、2006年公開のホラー映画。

監督はサイモン・ウェスト。主演はカミーラ・ベル、トミー・フラナガン、ブライアン・ジェラティ。

あらすじとしては、「ベビーシッターのアルバイトをすることになった女子高校生に、怪しい影が忍び寄る」という物語である。

彼氏が友達のガールフレンドとキスしていたところを目撃した女子高生のジルは、彼氏とのそのことで話し合うために携帯電話を使い過ぎたせいで、今月の通話時間が800分を超えていた。

そのため、父親から携帯のストップと、車の運転をやめさせられる。

ジルは、携帯電話代を払おうと、人里離れたところにあるお金持ちの家にベビーシッターとしてアルバイトをすることになる。

アルバイト当日、ジルはお金持ちの家で留守番をしていたが、見知らぬ男から何回も電話がなる。

 『When a Stranger Calls』は、中身のないホラー映画だった

というわけで『When a Stranger Calls』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「中身のないホラー映画だなぁ」

という感じである。

うーん、正直言ってつまらない笑。

なぜ男があの家にいたのか、どうやって入ったのか、なぜ友達を殺す必要があったのか、ジルを狙う理由はなんなのか。

全てが雲の中に隠れてしまっていて、何が何やらさっぱりわからないのがこの映画である。

『When a Stranger Calls』の良い点

『When a Stranger Calls』の良い点は、ジル役のカミーラが美人なところだろう。

それだけでも見る価値がある。

『When a Stranger Calls』の悪い点

『When a Stranger Calls』の悪い点は、ストーリー、そして音楽である。

ここまで音楽が必要ないと感じた映画も珍しい。

あまりにおどろおどろしさを演出しようとして、映画中ずっと音楽がなっている。

それが個人的には不快だった。

『When a Stranger Calls』を総合評価するなら?

『When a Stranger Calls』を総合評価するなら、星5中の星1評価である。

うーん、つまらない映画だ。

一度見たら良いぐらい。もう一度みようとは思えない。

全体的ストーリーもなく、怖いシーンもなく…。

最後の最後で犯人の顔が映るも、「お前誰だよ」と思わずツッコミを入れたくなるレベル。

『When a Stranger Calls』はどんな人にオススメ?

ジル役のカミーラを見るためなら『When a Stranger Calls』を見ても良いとは思う。

終わりに

『When a Stranger Calls』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。