【ネタバレ感想】『海街diary』は、ストーリー自体に面白味はない映画だった

『海街diary』は、ストーリー自体に面白味はない映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『海街diary』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『海街diary』ってどんな映画?あらすじは?

『海街diary』は、2015年公開のヒューマンドラマ映画。

監督は是枝裕和。主演は綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。

あらすじとしては、「香田家に新しい妹・すずがやってきて、四姉妹になった香田家の日常が始まる」という物語である。

15年も前に家を出た父は、再々婚をして山形で暮らしていた。

しかし、先日鎌倉にある香田家に父の訃報が届き、長女の幸は父の告別式へ行くのをためらったため、次女の佳乃と三女の千佳を山形へと送る。

佳乃と千佳は告別式に出ると、結局幸も告別式に参加し、そこで腹違いの妹・すずと出会う。

すずに「鎌倉で一緒に暮らさない?」と促すと、すずは一瞬戸惑いながらも「いきます」と答え、めでたく三姉妹は四姉妹となるのだった。

『海街diary』は、ストーリー自体に面白味はない映画だった

というわけで『海街diary』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「ストーリー自体に面白味はない映画だなぁ」

という感じである。

この映画、全体を通して「四姉妹の日常」を追った感じになっているので、何か1つの目的を追っかけるようなタイプの映画ではない。

そのため、人によっては「何が面白いのこれ」となってしまうのもなんとなくわかるような気がする。

とはいえ、やはり鎌倉の雰囲気、海の感じや森の感じにとても日本的情緒を感じたので、そういう側面ではいい映画だなぁと思う。

『海街diary』の良い点

『海街diary』のいい点は、まずはとにかく出演俳優が豪華なところだろう。

綾瀬はるかに長澤まさみ、そして夏帆に広瀬すず。

主演だけでもこんなに豪華なのに、樹木希林や大竹しのぶ、堤真一にリリー・フランキーまで出てくる。

俳優陣が豪華でありつつ、やはりなんと言ってもこの映画は情緒が素晴らしい。

特に鎌倉の夏…。とても風情があっていいなぁと思った。

『海街diary』の悪い点

『海街diary』の悪い点は、まぁ…ストーリー性が皆無なところだろうか。

これで1つ、大きな目的があったら面白かったのだけれど、まぁ主演が4人もいればなかなか難しいのかもしれないな…と思う。

『海街diary』を総合評価するなら?

『海街diary』を総合評価するなら、星5中の星3評価である。

個人的には及第点。

これでストーリーが面白ければ満点をあげてもいいぐらいである。

全体的にリズム感もあり、俳優陣も素晴らしいのでそういう意味では得点は高い。

だが、ストーリーが如何せんなく、日常を流すだけなのが惜しい。

『海街diary』はどんな人にオススメ?

『海街diary』は、主演女優達のファンにおすすめしておこう。

終わりに

『海街diary』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。