【ネタバレ感想】『冷たい熱帯魚』は、終わり方が釈然としないサイコホラー映画だった

『冷たい熱帯魚』は、終わり方が釈然としないサイコホラー映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『冷たい熱帯魚』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『冷たい熱帯魚』ってどんな映画?あらすじは?

『冷たい熱帯魚』は、2010年公開のサイコホラー映画。

監督は園子温。主演はでんでん、吹越満、黒沢あすか、神楽坂恵。

あらすじとしては、「人の良さそうな熱帯魚店店主は、実は大量殺人をしている人物だった」という物語である。

熱帯魚店を営む社本幸雄は、最初に結婚した妻が亡くなってしまい、すぐに次の嫁である妙子と結婚した。

実の母が亡くなってすぐに結婚した父親、そして新しい母親がタバコを吸うことに不満を募らせていた社本の娘・美津子と折り合いが悪く、家庭はどん底状態に陥っていた。

そんなある日、美津子が万引きをしたという連絡がスーパーから入り、幸雄と妙子はすぐに美津子の元へ向かう。

すると、美津子が万引きしたことを発見した大型熱帯魚店の店主・村田がそこにいて、怒り狂うスーパーの店長をなだめていた。

村田のおかげで万引きは警察に通報されることなく事なきを得て、自宅へ戻ろうとする社本だったが村田が「店に良い熱帯魚が入ったんですよ」と言い、なんとなく社本一家は村田の店へといくことになる。

村田の店では、村田の年齢の割にはかなり若めの奥さんが出迎えてくれ、色々と魚の話をした後に「もし良ければ、美津子ちゃんをこの店で働かせてみないか」と提案される。

幸雄は一瞬戸惑ったが、この大きな店ならなんとなく安心だし、従業員も女性だけで構成されているらしく、美津子が働くにはうってつけだなと感じた。

しかし、村田は実は、裏で連続殺人を行う猟奇的な人物だった。

『冷たい熱帯魚』は、終わり方が釈然としないサイコホラー映画だった

というわけで『冷たい熱帯魚』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「終わり方が釈然としないサイコホラー映画だなぁ」

という感じである。

全体的におどろおどろしい雰囲気が流れているのはグッド。

でんでん演じる村田もかなりやばそうな人物だし、裏表の強弱もはっきりしていて良い。とても怖かった。

しかし、残念なのが終わり方である。

中盤から終盤へ差し掛かるぐらいで、社本幸雄のロックが外れたのか、いきなり強烈なバイオレンス的性格へと変貌していく。

よく、優しそうな人が怒る時、普通の時と怒った時とのあの強烈な温度感の差がより怖さを演出するのは言うに値しないが、それにしても今作の幸雄のあの豹変ぶりはいかがなものだったのか…と感じる。

そして、最後に娘が「やっと死んだ!」と幸雄が死亡したことに歓喜の声をあげているが、幸雄は終盤こそヤバい人物になってしまっていたが、物語中盤までは普通に娘思いの良い父親だったように思う(もちろん、村田が「お前は自分を守るために」的なことを幸雄に言っていたので、美津子への愛情も実は自分を防衛するためのものだった…という解釈ができないわけではないが)。

終わり方がよくわからないのが残念で、もっと言えば刑事さんと幸雄が密かにタッグを組んで、村田を追い詰める…的な流れの方が面白かったように思う。

『冷たい熱帯魚』の良い点

『冷たい熱帯魚』の良い点は、やはりその怖さだろうか。

人間のサイコ的な怖さは、やはりみていて「うわ…」と思わず苦い顔をしてしまう。

特に、死体を切断しているシーンの強烈さはおぞましく、みていて思わず目を背けてしまったほどだ。

苦手な人には苦手だし、ああいうシーンが逆に大好物だ!…という人もいるだろう。

私は苦手だったのであれだったが、やはり『冷たい熱帯魚』の見所はああいうシーンなのかもしれない。

『冷たい熱帯魚』の悪い点

『冷たい熱帯魚』の悪い点はいくつかあるが、特に私が気になったのが、

  • 途中で殺された吉田の周りの人物がヤクザだったこと
  • 終わり方が微妙だったこと

であろう。

前者は、吉田のあのちょっとオドオドしている感じから、その後にヤクザが店にやってくるのが想像できない。

もう少し吉田に厳つさがあればヤクザの登場シーンもかっこよかったのだが、吉田のあのキャラで実は後ろに舎弟たちが…というのがアンバランスすぎるな…と思った。

そして、前述のように『冷たい熱帯魚』は終わり方が微妙なのが残念である。

せっかく極度に事件性のあるストーリー構成になっているのだから、「どういう形で解決されるのか」を見せて欲しかった。

結局、洋画にありがちな感じで終わってしまったのが残念である。

『冷たい熱帯魚』を総合評価するなら?

『冷たい熱帯魚』を総合評価するなら、星5中の星3評価である。

うーん、まぁ普通。

前半〜中盤までは面白いものの、終盤に差し掛かるにつれてどんどん微妙になっていく。

特に幸雄が吹っ切れるあたりからはぶっちゃけ面白くないし、むしろ悪い意味で怖い。

『冷たい熱帯魚』はどんな人にオススメ?

『冷たい熱帯魚』は、サイコホラー映画が好きな人におすすめしておこう。

終わりに

『冷たい熱帯魚』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。