【ネタバレ感想】『パーフェクト・ルーム』は、伏線の薄いサスペンス映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『パーフェクト・ルーム』を観終わったので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだ観ていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『パーフェクト・ルーム』ってどんな映画?あらすじは?

『パーフェクト・ルーム』は、2014年公開のサスペンス・ミステリー映画。2008年にベルギーが製作した「ロフト」という映画のハリウッドリメイク版。

監督はエリク・ヴァン・ローイ。主演は、

  • カール・アーバン(ビンセント)
  • ジェームズ・マースデン(クリス)
  • ウェントワース・ミラー(ルーク)
  • エリック・ストーンストリート(マーティ)
  • マティアス・スーナールツ(フィリップ)

あらすじとしては、「建築士のビンセントが、新しく建築士たマンションのとある一室を「ロフト」として自分を含めた5人で共有しようと言い出す。そのロフトで、ある事件が起こってしまった」という物語である。

ビンセントは、大きなマンションを建築するほどの建築士だった。

ある日、マンションを建築したビンセントは、マンションの新築祝いパーティーで、自分を含めた男友達5人でそのマンションの「ロフト」を共有しないか?と誘う。

ビンセントは、男の欲望をしっかりと考えていたやり手で、いわゆる「ホテル代わり」として、ロフトを5人で共有しないか?と誘ったのである。

女好きのマーティだけはすぐにその話に乗っかったが、他の3人はさほど乗り気ではなかった。

しかし、それぞれに浮気相手となる女性が現れることで、ビンセントが建築したロフトの鍵を受け取っていく3人。

ある日、ロフトで事件が起こる。

誰かが連れ込んだ女性が、ベッドに手錠で繋がれて死亡していたのである。

5人はロフトに集まり、誰が殺したのか、この女性は誰なのかを探っていく。

絶対にこの中に犯人がいる…そう確信していたビンセントに、ルークはある秘密を打ち明ける。

『パーフェクト・ルーム』は、伏線の薄いサスペンス映画だった

というわけで『パーフェクト・ルーム』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「ちょっと伏線が薄いなぁ…」

という印象である。

『パーフェクト・ルーム』では、現在のシーンと過去のシーンが相互に入れ替わっていく演出が為されていくのだが、過去のシーンに特に伏線らしい伏線があるわけではない。

しかし、後からルークがビンセントに「実は…」と秘密を打ち明けることで、ビンセントがこれまで行ってきた所業が明るみに出て、過去のシーンとの伏線が回収されていく…という内容となっている。

過去のシーンは、確かに伏線といえば伏線なのだけれど、現在との繋がりが薄いかなぁ…というレベルの伏線なのである。

それこそ、サラ・ディーキンスがビンセントとプールで裸になって泳いでいるときに、ルークは確かにサラのことを見つめていたけど…伏線とは言い難いほどわかりにくい。

もう少し伏線らしい伏線を張ってくれればなぁと思った惜しい作品である。

結局、ルークはゲイだったのか?

『パーフェクト・ルーム』で疑問なのが、ルークである。

警察署で取り調べを受けている時の刑事も、最後にクリスとタイマンになった時も、ルークがビンセントに特別な想いを持っているかのようなセリフがある。

しかし、最終的にルークがゲイだったかどうかは暴かれず、ロフトのベランダから飛び降りてしまうわけだ…。

結局ルークはゲイだったのだろうか。よくわからないままだ。

『パーフェクト・ルーム』を総合評価するなら?

『パーフェクト・ルーム』を総合評価するなら、星5中の星3評価である。

うーむ、面白くないことはないんだけど、これ以上何をレビューすればいいのかわからないぐらいにビミョーな作品である。

5人が「殺人事件が起きた」ってことでロフトに集まって色々と詮索をしだすところまでは良かったのに、後半になってからのどんでん返しがあまりこう…消化不良感が否めない感じである。

さらに言えば、ビンセントが結局ロフトで生活していることまでも判明してしまって、なんだか丸く収まりすぎだなぁ…という印象である。

全体的にテンポよく進んでいくんだけれど、ミステリー感がさほどなかったかな…。

惜しい作品だった。

『パーフェクト・ルーム』はどんな人にオススメ?

『パーフェクト・ルーム』は、密室殺人ものが好きな人にはオススメできるかもしれない。

ただ、ストーリーがちょっとなぁ…って感じなので、そこだけは注意である。

終わりに

『パーフェクト・ルーム』についてレビューしてきた。

ここ最近、サスペンス・ミステリー映画などにハマって観ているのだけれど、なんか…正直私の胸をグッと掴むような作品にまだ出会えてない…。

面白いサスペンス映画があったら、ぜひ教えて欲しいものである。