【ネタバレ感想】『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』は、平坦すぎるサスペンス映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』ってどんな映画?あらすじは?

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』は、2014年公開のサスペンス映画。

監督はピーター・アスキン。主演はジョーン・アレン、アンソニー・ラパイア。

あらすじとしては、「ある夫婦は仲睦まじく暮らしていた。しかし、妻がある日、夫が連続殺人鬼かもしれない…という証拠を見つける。」という物語である。

結婚25年が経ったある夫婦は、パーティーを行っていた。

楽しいパーティーが終わり、日常に戻ったところで、ニュースで「連続猟奇殺人事件」をやっていた。

その殺人事件では、12人の女性が殺されていて、パーティーで親友とその話をしていたところだった。

そして、その連続殺人鬼は「ビーディ」という名前を使って殺人を犯しているのだという。

ふと、ダーシーは物置にいく。

そして色々と漁っているうちに、DAD(パパ)と書かれた箱を見つける。

その箱には、ニュースでやっていた殺害された女性の免許証が入っていた。

なぜこんなところにあるのか、もしかするとボブが殺したのか。

ダーシーは、困惑してしまい、ボブに疑惑をかけていく。

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』は、平坦すぎるサスペンス映画だった

というわけで『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「ちょっと平坦すぎるなぁ」

という印象である。

全体として山場がない。いやまぁ、そういう映画なのかもしれないけど、やっぱりこういう映画は山場ありの谷場ありが面白いと思う。

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』はずーっと平坦で、夫婦の日常生活の中にダーシーが徐々にボブへと疑惑を向ける…というシーンばかりである。

全体的にのっぺりしていて、映画として観るならなかなかダレてしまう。

おそらく、小説で読むと面白い映画なのかもしれないな…と思った。

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』をちょっと解説してみる。

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』は、初見だとなかなかに理解が追いつかない映画なのだが、結局連続殺人犯とは、ダーシーのことだった。

正確に言えば、ダーシー(悪)とボブが二人で殺人を行なっていたのだが、基本的に殺しをしていたのはダーシー(悪)だったのである。

ダーシーは二重人格で、ボブはそれをずっとそばで見続けてきたのだ。

善ダーシーは、まさか自分が犯人だと思っていなかったのだ。そもそも自分が二重人格だなんて夢にも思っていなかった。

その証拠に、映画内ではダーシーの妄想が繰り広げられる。

…ということを踏まえてもう一度『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』を見てみると、違った見方ができるのかな…と思う。

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』を総合評価するなら?

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』を総合評価するなら、星5中の星2評価である。

うーん、個人的には合わない映画だった。

映画という媒体を介したのが『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』という作品には合わない結果になった…という感じだと思う。

おそらく、前述のように小説などで読むと面白いのかなと思ったりする。

映画としての出来は、山場なしの平坦路線。観ていてとても退屈だった。

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』はどんな人にオススメ?

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』は、サイコサスペンス的な映画が好きな人にはお勧めしたい。

ちょっとダレるけど、まぁ好きな人には好きなタイプの映画だろう。

終わりに

『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』についてレビューしてきた。

特にいうこともないので、この辺で終わろう。