【ネタバレ感想】『ジャンプ/Stasis』は、深みのないタイムトラベル映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『ジャンプ/Stasis』(以下:ジャンプ)を観終わったので、早速レビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだ観ていない方はご注意を。

では、早速レビューに移ろう。




『ジャンプ』ってどんな映画?あらすじは?

『ジャンプ』は、2017年公開のSF映画。

監督はニコール・ジョーンズ=ディオン。主演はアンナ・ハー、マーク・グロスマン。

あらすじとしては、「2067年に70億人が死滅して、ほぼ滅亡してしまった世界。その世界を過去に戻ってやり直すために、反逆軍が過去に戻る」というストーリーである。

2067年。世界は70億人の死者を出して滅亡状態にあった。

その中で、「反逆軍」と呼ばれる、世界滅亡後の新政府に対立する組織があった。

反逆軍では、過去に戻ってどうにか世界が滅亡しない方向に修正するために奮闘していたのだった。

そこに、二人の男女が現れる。二人は、初めて過去にタイムトラベルするところだった。

過去に戻るシステム室は「Stasis」と呼ばれていて、過去に戻るためには死んでしまった人間(死んでから間もないことが条件だと思う。多分)の体に、自らの意識を移動させる…と言う手法が取られていた。

2067年から50年前の2017年。エヴァという15歳の女の子は、ちょっと非行に走りがちな少女だった。

ある日、知り合いたちでパーティーが開かれるというので、過激な格好をしてそのパーティーに向かう。

そのパーティー会場で、セックスが気持ちよくなるドラッグを2粒もらって飲むと、意識が急に遠のいてその場に倒れてしまった。

その後、エヴァは自分の家に戻ると、なぜか自分の部屋にもう一人の自分がいるではないか。

思わず家の呼び鈴を鳴らすと、母親が出てきた。驚いたことに、エヴァの姿が見えていないらしい。

そう、どうやらエヴァは死んでしまって魂だけになってしまったのだった。

代わりに、エヴァの体を乗っ取っているのは未来からやってきた反逆軍だった。

『ジャンプ/Stasis』は、深みのないタイムトラベル映画だった

『ジャンプ』を観終わってまず思ったのは、この映画はマジで深みのないタイムトラベル映画だな…ということだ。

なんだろ、設定自体はめちゃくちゃ良い。SFらしいし、どちらかというとマトリックスっぽい感じもする。自分の肉体と意識を切り離す…というSFチックな設定はまさにマトリックスだ。

だが、設定が良いことが災いして、ストーリーの薄さが際立ってしまった作品だったように思うのだ。

まず、キャラクターそれぞれのバックグラウンドが足りない。どんな人物でどんな感情を持っているのか。どんな信念のもとに動いているのか。

そして、過去に戻って、一体何をやるつもりだったのか。

大まかな目標としては「世界を良い方向に持っていく」なのに、どのようにして未来を変えようとしているのかがまるでわからない。

さらに言えば、2017年である必要性もない。

『ジャンプ』の公開年が2017年だから、それに合わせて2017年にしたのだろうが、なんかもっとこう…「確かにそれなら2017年にきますわな」と納得できるような理由が欲しいものである。

ぶっちゃけ、2017年でも2019年でも、2021年だとしても特に世界が滅亡するような変化はないように思うのだが。

全体的に薄味なストーリーだったのが残念である。

一番の被害者はエヴァ

ぶっちゃけ、『ジャンプ』において一番の被害者はエヴァである。

ボーイフレンドと仲良くしたかったのに、体を乗っ取られたせいで「もう近づかないで!」と乗っ取った人(シルビアだっけ)に言われてしまう始末。

そのせいでボーイフレンドは他の女性とキッス。それを後部座席で見るエヴァ。でもあれだけ「近づかないで」と言われたのだから、ボーイフレンドだってエヴァには愛想をつかすはずだ。なのに「浮気者」とは…それはそれで全くのお門違いである。

さらに、エヴァから言えば2067年に世界が滅んでようが知ったことではないはずだ。

それを、なぜか「エヴァのせいで地球が滅ぶかもしれないのよ!」とか言われてしまう。違う違う。根本的な原因は武力で解決しようとする国のお偉いさんにあるだろう…。

なんか、「そこ、論点と違くない?」ってところが多数出てくるのも『ジャンプ』が面白くない理由なのかもしれない。

『ジャンプ』を総合評価するなら?

『ジャンプ』を総合評価するなら、星5中の星1評価である。

う〜む、すまないが…つまらなかった…笑。

なんだろ、設定自体は良いんだけれど…もっとストーリーを練り直して、あと役者を上手な人に変えればいい映画になっていたはずだと思う。わからんけど。

全体的に説明不足感がすごい作品で、観ている側の情報識別能力も試される映画だなと思った。

『ジャンプ』はどんな人にオススメ?

『ジャンプ』は、まぁSF映画が好きな人にはオススメしたいかな…いや、オススメするほどの映画でもないかな…笑。

タイムトラベル映画は個人的に好きなんだけれど、この映画はちょっと…笑。やっぱり不出来だからオススメするほどでもないかな。

まあ、「どれだけ酷い作品なんだろ」って興味を持った方はぜひ観て欲しい。期待を裏切らないはずだ。

終わりに

『ジャンプ』についてレビューしてきた。

余談だが、これまで観てきた映画の中で久々のハズレ映画だったように思う。

ここ最近は面白い映画ばかり観てきたので、たまにこういうハズレ映画があると、逆の意味で面白く感じてしまうから不思議だ。

B級映画とは言え面白い映画はたくさんあるなれど、『ジャンプ』は私が観てきたB級映画の中ではトップクラスにつまらない映画だったように思う…笑。あ、でもジュラシック・リボーンもいい勝負するかも。

たまにはつまらないB級映画だけ集めたオススメリストでも作成してみようと思う。いつになるかはわからないけど。