【ネタバレ感想】『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は、最後にしては微妙すぎるサスペンス映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』ってどんな映画?あらすじは?

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は、2012年公開のサスペンス映画。

監督は本広克行。主演は織田裕二、深津絵里、柳葉敏郎。

あらすじとしては、「誘拐射殺事件が起こり、事件に使われた銃が警察が押収したものだということから、警察内部の人物による犯行だとされ、極秘捜査となった。青島たちは、本庁の指示のもと捜査を展開するが、濡れ衣を着させられる」という物語である。

2012年。湾岸署近隣のとある施設で、国際環境エネルギーサミットの催し物がされていて、それの警備で湾岸署員たちも駆り出されていた。

そんな中、誘拐事件が起こり、その被害者が射殺されてしまう。

捜査を進めていくと、なんと射殺に利用された拳銃が、警察が押収したものだということがわかり、捜査は本庁の極秘として進められていく。

青島たち所轄の刑事たちは、本庁の指示のもとで捜査をしていくが、本庁の指示で逮捕したある男にはアリバイがあった。

青島は、本庁の鳥飼にそのことを伝えると、「あとはこちらで取り調べをしておきます」と言われる。

しかし、本庁の上層部に提出された書類には、「青島刑事による取り調べで、犯人が自供した」という旨のことが記載されていた。

おかしいと思った室井の元に、青島から電話がかかり、「どうなってるんですか?」と聞く。

警察上層部では、内部による隠蔽工作が行われていたのだった。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は、最後にしては微妙すぎるサスペンス映画だった

というわけで『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「最後にしては微妙すぎるなぁ…」

という感じである。

うーん、微妙。

不完全燃焼でもあるし、ご都合主義にもほどがある映画だな…という感じ。

映画はもちろん「観客を楽しませるもの」という一つの使命があるから、ストーリーの都合上ご都合主義的にならざるを得ないのは重々承知である。

しかし、いくらご都合主義になろうとも、そこに論理性がないと観客としては興醒めである。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』で特にひどかったのが、恩田すみれがバスでバナナ保管庫に突撃したシーンである。

ちょうど青島と犯人との間に入ったから良かったものの、ほんの1メートルずれてれば青島か犯人かを轢き殺していたのである。

どうやってバスを奪ったのか、なぜそのバナナ保管庫だと分かったのか…。

一切説明なく、本当にご都合主義的なシーンになっているのがいただけなかった。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の良い点

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の良い点は、毎度のことながらカットやストーリーの進め方などがサクサクしている点である。

構成力が上手いというか、とにかく「安心して見られる」という点において「踊る大捜査線シリーズ」は底力をはっきりすると感嘆する。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の悪い点

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の悪い点は、ストーリーにある。

今作のストーリーは全体的に微妙。

恩田すみれが辞職をするストーリーも中途半端だし、誘拐犯の動機も不透明である。

また、特に伏線回収的な要素もないので、一本道的なストーリーが展開されていくのも微妙だ。

バナナとおもちゃとの因果関係もわからず、「犯人だったらこうする」というある種サイキック的能力を発揮する青島にも冷めてしまう。

「そうか!」という感じでバナナを伏線回収&ギャグ要素として用いているのも若干寒い。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を総合評価するなら?

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を総合評価するなら、星5中の星2評価である。

シリーズ中最も面白くないな…と個人的には思った。

1>2>3>4というように、回を追うごとに面白さが減っていく。

今作はダントツで「ありがちな日本ドラマ」的展開になっているし、出てくるギャグ的要素もどっちらけていて寒い。

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』はどんな人にオススメ?

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は、踊る大捜査線シリーズが好きな人におすすめしておきたい。

ファイナルにしては弱い。

終わりに

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないので、この辺で終わろう。