【ネタバレ感想】『ネイビーシールズ vs エイリアン』は、とんでもなく笑える最高の映画だった

ふぉぐです。

ついさっき『ネイビーシールズ vs エイリアン』を観終わったので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだ観ていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『ネイビーシールズ vs エイリアン』ってどんな映画?あらすじは?

『ネイビーシールズ vs エイリアン』は、2019年公開のSF映画。

監督はジェレマイア・ジョーンズ。主演はクレイトン・スナイダー、デヴィッド・メドウス。

あらすじとしては、「突如として研究員が消える事故が起きた施設に、ネイビーシールズの中でも選りすぐられた四人の兵士が潜入ミッションに挑む」という物語である。

ネイビーシールズの4人の元に、大統領直々の招集がかかった。

どうやら。コーカサスという場所にある研究施設で、研究員が突如として失踪したのである。

監視カメラには、その時まで普通にいた研究員が、わずか1分後に消え去っているという様子が映し出されていた。

この事件を調査すべく、ネイビーシールズの中でも選りすぐられた4人が、現地へと潜入するのだった。

『ネイビーシールズ vs エイリアン』は、とんでもなく笑える最高の映画だった

というわけで『ネイビーシールズ vs エイリアン』を観たわけだが。

まず最初の感想を言わせてもらおう。

この映画、かなり笑える。

最高のコメディ映画といっても過言ではないだろう。

映画ファンからすれば、「エイリアン」という名前がつけば、それこそ「ライフ」に出てくるようなまるでイカ?のような形をした生命体を想像するだろうし、人によっては「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のような気持ち悪い姿形をした生命体を想像するのではなかろうか。

しかし、この『ネイビーシールズ vs エイリアン』に出てくるエイリアンは、それら既存のエイリアンイメージを見事にぶち壊してくれる。

そう、どう見ても人間が黒いスーツを着ているようにしか見えないのだ。

どう見ても人間なのである。おい。これはどういうことなんだ。最高に面白いではないか!

さらにさらに、面白いことにエイリアン(笑)たちは、ネイビーシールズの発砲をことごとく無効化するバリアを張る。

それなのにシールズたちは、とにかくエイリアンに発砲しまくる。まるでバカの一つ覚えのように…笑。

とにかくシュールなコメディ要素が満載で、SFコメディとしてのジャンルを確立している最高の映画だと私は思った。

瞬間移動できるなら最初からしろよ笑

『ネイビーシールズ vs エイリアン』の面白いところは、エイリアン側もおバカなところである。

ネイビーシールズが、エイリアンたちの建物内への侵入を防ぐために、正面玄関のドアをしめ、そのあとに金属製の強固な扉をしめるシーンがある。

その扉を閉められたエイリアンの立ち姿がなんともシュールで笑ってしまったのだが、笑いどころはそこではない。

なんと、エイリアンたちは瞬間移動ができるのである。

だから、結論的には防護扉なんて意味がなく、どれだけ扉を閉めてもなーんにも意味がないのである。

だけれど、おバカなエイリアンたちは自分たちが瞬間移動できることに気づいていないのか、防護扉を閉められても特に何をするわけでもなかった笑。

そしてあとあとになって、シールズたちが電話で助けを呼ぼうとしてる時に、やっと瞬間移動をするのである。

「いや、瞬間移動できるんかーい!!」

と、思わず画面に向かって大きな声で突っ込んでしまった。ご近所の皆様申し訳ない。

瞬間移動できるなら最初から瞬間移動しとけよ!と、観客にわざと突っ込ませるこのセンス。

『ネイビーシールズ vs エイリアン』は恐るべきコメディ映画である。

バリアが張れるぐらい強いのに、結局普通に戦闘するんかーい笑

『ネイビーシールズ vs エイリアン』での面白ポイントはまだまだある。

シールズ側の黒人兵士が、エイリアンと闘うシーンでも思わず笑ってしまった。

エイリアンは、バリアが張れるぐらいの技術力を持っていて、あのパワードスーツみたいなのを着ているにも関わらず、意外とストリートファイターみたいな闘い方をするんだな…というこの面白さ。

瞬間移動ができるんだからそういうのを駆使して闘えばいいのに、なぜか律儀に人間の土壌で闘ってくれるのがなんとも優しいエイリアン笑。

ネイビーシールズも舐められたもんである。

最後はお互いに健闘しあうんかーい笑。

『ネイビーシールズ vs エイリアン』での面白いところは、これまで敵として闘ってきた双方が、別にさほど友情を感じるシーンなんてなかったにも関わらず、最後はお互いを健闘し合うかのように、敬礼をしあうところである。

いや、別になんか感動するシーンなかったじゃん笑。

人質を取られて、シールズ側も脱出ポットに入ったエイリアンを人質にとって、それをただ引き渡しただけじゃん笑。

別にお互いを褒め称える要素どこにもないじゃん笑。

あと、とってつけたかのようにエイリアンマスク被ってたじゃん笑。

とにかくこの、「もう、とりあえずめんどくせえし終わらせようぜ感」が出ていて、見ているこっちも笑えてしまった。

本当に、ここまで笑える映画は久々である。

『ネイビーシールズ vs エイリアン』を総合評価するなら?

『ネイビーシールズ vs エイリアン』を総合評価するなら、星5中の星1評価である。

はい、ここまでふざけて「最高の映画だ!」とか「笑える映画だ!」とか言ってきたけど、ぶっちゃけつまんねーっす。

もうね、とにかくドイヒー。

最初から最後まで全部ドイヒー。B級映画どころかC級映画である。

ただ、少しだけCGが使われていて、多少なりともお金はかかってるんだな…ってことがわかったので、星0評価から星1評価に押し上げた。

『ネイビーシールズ vs エイリアン』はどんな人にオススメ?

オススメできないよ。

終わりに

というわけで『ネイビーシールズ vs エイリアン』についてレビューしてきた。

いやー…。ほんと、これをSF映画だと思って見てしまうととんでもなく後悔するけど、コメディ映画として見るなら面白いかな…笑。

うん、特に話すこともないし、今回はここいらで終わろう。

ではでは。