【ネタバレ感想】『ミッション:インポッシブル』は、若干理解しにくいスパイ映画だった

『ミッション:インポッシブル』は、若干理解しにくいスパイ映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『ミッション:インポッシブル』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『ミッション:インポッシブル』ってどんな映画?あらすじは?

『ミッション:インポッシブル』は、1996年公開のアクション映画。

監督はブライアン・デ・パルマ。主演はトム・クルーズ、ジョン・ヴォイト、エマニュエル・ベアール。

あらすじとしては、「CIA工作員の情報が何者かによって漏洩し、イーサンを以外のチームメンバーが死亡してしまう。1人残されたイーサンは、CIAに追われる身となってしまう」という物語である。

CIAの中の特殊部隊IMFにて、CIAの秘密工作員リストであるNOCを盗み出す…という指令がチームリーダーのジム・フェルプスにくだる。

ジムは、早速チームに今回の任務の概要を伝え、任務は開始される。

しかし、チームメンバーのジャックが死亡し、さらにフェルプスも何者かに撃たれて死亡し、クレアも自動車を爆破され、サラもナイフで刺されて死亡してしまう。

1人残ったイーサンは、すぐにCIAに連絡をとってその場から逃げる。

しかし、CIA監査役のキトリッジは、今回の任務がIMF内での裏切り者を暴くための任務だったことをイーサンに告げる。

つまり、1人残ってしまったイーサンこそが裏切り者であるという。

身に覚えの無いイーサンはその場を逃走し、なんとかして真の裏切り者を暴こうとする。

『ミッション:インポッシブル』は、若干理解しにくいスパイ映画だった

というわけで『ミッション:インポッシブル』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「若干理解しにくいスパイ映画だなぁ」

という感じである。

全体的にスパイ感は出ていてグッド。

特に厳重に警備体制が敷かれているデータ管理室に潜入するあのドキドキ感は凄まじかった。

しかし、…どうしてもストーリーの展開について行けていない自分がいる。

「フェルプス」や「キトリッジ」など、洋画にしてもなかなか出てこない名前が登場するので、最後の最後まで「フェルプスって誰だっけ」や「キトリッジって誰だっけ」など、とにかく頭が混乱してしまった。

おそらく私のような人は他にいると思うので、次の項で『ミッション:インポッシブル』の簡単な解説をしていこうと思う。

『ミッション:インポッシブル』の簡単な解説【裏切り者は誰だったのか】

『ミッション:インポッシブル』での裏切り者は、結論から先に言ってしまうとチームリーダーだった「ジム・フェルプス」である。

これは最後まで『ミッション:インポッシブル』を見ればわかるとは思うが、ジムが真の裏切りものだった。

マックスという名の怪しい商売をしているおばあさんは、情報取引屋と言った感じだろうか。

マックスに対して「ヨブ」という人物が情報を売り込んだことを嗅ぎつけたイーサンは、ヨブに合うために、マックスに「CIAの本当の非公式リスト(NOC)を盗み出してくる」と言い、その対価として「1000万ドル&ヨブに会う権利」を主張した…といった具合。

最初のIMF任務でイーサンだけ1人生き残らせたのは、ジムが「イーサンに濡れ衣を着せるため」と考えるのがわかりやすいだろう。

『ミッション:インポッシブル』の良い点

『ミッション:インポッシブル』の良い点は、なんと言ってもそのスパイ感だろうか。

潜入してる際のあのドキドキ感は『ミッション:インポッシブル』ならでは…と言った感じ。

『ミッション:インポッシブル』の悪い点

『ミッション:インポッシブル』の悪い点は、少し退屈なところである。

特に会話をしてるシーンが退屈だったな…という感じ。

『ミッション:インポッシブル』を総合評価するなら?

『ミッション:インポッシブル』を総合評価するなら、星5中の星4評価である。

全体的には好印象。

若干退屈な側面があるものの、まぁ…面白い映画に変わりはない。

トム・クルーズがかっこよかったし、「裏切り者がいる」という日本人受けしそうな展開もグッド。

『ミッション:インポッシブル』はどんな人にオススメ?

『ミッション:インポッシブル』は、スパイ映画が好きな人におすすめしておこう。

終わりに

『ミッション:インポッシブル』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。