【ネタバレ感想】『ジョー・ブラックをよろしく』は、心に残るラブロマンス映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『ジョー・ブラックをよろしく』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『ジョー・ブラックをよろしく』ってどんな映画?あらすじは?

『ジョー・ブラックをよろしく』は、1998年公開のヒューマンドラマ・ラブロマンス映画。

監督はマーティン・ブレスト。主演はブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、クレア・フォーラニ。

あらすじとしては、「青年に取り付いた死神が、メディア会社社長の死期を悟り、迎えにやってくるが…」という物語である。

メディアの大会社を運営しているビルは、最近体調がすぐれないことが多かった。

もう少しでやってくる65歳の誕生パーティーに、長女はとてもやる気だったが、ビル自体はそこまで乗り気ではなかった。

ビルの次女であるスーザンは、ビルの会社で働くやり手のドリューと恋仲になっていたが、ビルはスーザンの素っ気ない雰囲気に「愛していない」と悟り、スーザンに愛の本質を説く。

すると、ビルの脳内で声が聞こえてきた。

一旦は落ち着いたビルだったが、脳内の声が気になっていた。

スーザンは、近くのコーヒーショップに立ち寄っていると、電話で話している若い青年と出会う。

青年は、スーザンと気が合って話しているうちに、お互いに恋心を抱いていた。

帰り際に青年が振り返ってスーザンを見ると、青年は車に轢かれてしまう。

その夜、ビルの豪邸で家族と共に食事をとっていると、またビルの脳内に声が聞こえてくる。

その声は、「今、家の前にいるから入れてくれ」とビルに頼み事をしてきた。

ビルは、メイドに来訪者がきているかをみてきてくれるように頼むと、なんと来訪者がいたため、ビルは書斎に通して、その来訪者と対面する。

その来訪者は、スーザンがコーヒーショップで出会った青年だった。

しかし、スーザンが出会ったあの雰囲気の青年ではなく、どこか不思議な雰囲気が漂った別人のように思えた。

そう、その青年には死神が乗り移っていて、ビルに死期を知らせに来たのだった。

『ジョー・ブラックをよろしく』は、心に残るラブロマンス映画だった

というわけで『ジョー・ブラックをよろしく』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「心に残るラブロマンス映画だなぁ」

という感じである。

3時間という長尺映画だが、全体的に冗長なくだりもあまりなく、最後はスッキリする終わり方だったのでとても満足である。

込められているテーマもとても深いものがあり、またアンソニー・ホプキンスとブラッド・ピットの演技も素晴らしい。

とても良い映画だった。

『ジョー・ブラックをよろしく』の良い点

『ジョー・ブラックをよろしく』の良い点は、ストーリーにあるように思う。

この映画はわかりやすいキャラクター像を持つ人々が出てくるので、感情移入がしやすいのがまずポイントが高い。

世話好きの姉、優しい姉の夫。

嫌味なドリュー、そして情熱的な愛を知らないスーザン。

威厳のあるビル。

登場するキャラクターどれもがわかりやすく、そしてまた感情移入しやすい。

ストーリーも結局は「ビルにくっつくジョーが、スーザンと恋に落ちる」というものなので、それもあってキャラクターの重要性は非常に強い。

『ジョー・ブラックをよろしく』の悪い点

『ジョー・ブラックをよろしく』の悪い点は、特にない。

あまり悪い点が見当たらない映画だなと感じた。

『ジョー・ブラックをよろしく』を総合評価するなら?

『ジョー・ブラックをよろしく』を総合評価するなら、星5中の星4評価である。

個人的にはとても良い映画だった。

すごくわかりやすく、それでいて後腐れのない終わり方。

最後に「ジョー・ブラック」がいなくなり、青年だけが残るあの不思議な感覚は『ジョー・ブラックをよろしく』でしか味わえないだろう。

『ジョー・ブラックをよろしく』はどんな人にオススメ?

『ジョー・ブラックをよろしく』は、ラブロマンス映画を欲している人におすすめしておこう。

終わりに

『ジョー・ブラックをよろしく』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないのでこの辺で終わろう。