【ネタバレ感想】『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』は、話がとっ散らかった印象の作品だった

ふぉぐです。

ついさっき、『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』ってどんな映画?あらすじは?

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』は、1991年公開のアニメーション映画。

監督は出崎統。主演は山田康雄(ルパン三世)、小林清志(次元大介)。

あらすじとしては、「湾岸戦争後、財政難に陥った国が集まり、G7を開く。国家の財政難を救う唯一の方法は『ルパン帝国』の財宝しかない…という研究者の助言を信じ、各国首脳たちは直ちにルパン三世を捕獲しようとする」という物語である。

湾岸戦争後、財政難が起きたため、日本やアメリカ、フランスを含む国が集まりG7が開催された。

G7では、どうやって財政難を乗り切るか…という主題で検討が進められ、研究者がプレゼンを行なったりしていたが、どうにもしっくりこない。

すると、老人の研究者が、「財政難を乗り越える方法はただ一つ。それは『ルパン帝国』に眠る2000億もの財宝しかない」と力説した。

当初は「そんなもの…」という雰囲気だった首脳たちだが、研究者が追い出された瞬間、我先にと自国へ「ルパン捕縛作戦」を提案し出すのだった。

その頃、ルパンはある美術館に出没し、クラシックカーを盗んで美女との待ち合わせに向かっていた。

しかし、美女はルパンではない別の男とドライブに行ってしまい、ルパン仕方なくどうしようか迷っているところに、警察がたくさんやってきた。

ルパンは逃げるが、警察に周りを囲まれてしまう。

すると、小さなコントローラーでヘリコプターを呼び寄せ、クラシックカーごとルパンは逃げてしまうのだった。

ルパンの次のお目当ては、「ナポレオンの辞書」だった。

その辞書に、ルパン帝国の財宝のありかが暗号として書かれているらしい。

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』は、話がとっ散らかった印象の作品だった

というわけで『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「話がとっ散らかってるなぁ…」

という印象である。

うーん、ストーリーとしてはまぁ普通。

ただ、どうしてもあっちこっちに種を撒きすぎて、結局収拾がつかなくなったような印象を受ける。

そもそも、ルパン帝国の財宝がいまいちピンとこない。あれはあれで『財宝』という認識で良かったのだろうか。

そして、ナポレオンの辞書も大して活躍するわけでもない。

ナポレオンの辞書に暗号が書かれているわけでもなく、結局はあぶり出しで地図が浮かび上がってくる…という感じ。

ルパン帝国は海に建ってる巨大なお城。あんなん絶対財宝があるってわかるじゃん…っていうぐらいのお城である。あんなとこにどうやってお城を建てたんだ。

不二子がなぜカーレースに出てたのかもわからないし、カーレースで出会った男がなぜカーレースに出てたのかもわからない(ルパンを追ってるCIAのやつの仲間だったみたいだけど)。

全体的に話を突散らかせすぎて、結局断片的に拾い集め、最終的にちょいちょいっと終結させました…という印象の強い作品だった。

不二子の出番が少ない

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』で思ったのは、不二子の出番が少ないことである。

ルパン三世シリーズといえば、不二子がルパンたちを裏切るシーンが必ず出てくるものだが、今作はルパンを裏切るわけでもなく、ただ個人プレイをしている…といった感じだ。

いつものルパンらしくなく、ちょっと興醒めである。

絵がやばい

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』に関して言えるのは、

「絵がやばい」

ということである。

うーん、1990年代初頭の作品だから…というのが理由になるのか?というぐらいやばい。とにかく崩壊しまくっている。

特にひどいのがお城の中での不二子のドアップである。

なんか…もっと可愛らしく描けなかったのだろうか…と思うぐらいのドアップさでちょっと気味が悪かった…。

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』を総合評価するなら?

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』を総合評価するなら、星5中の星2評価である。

うーん、ぶっちゃけ微妙。

全体的な印象としてはルパンっぽさがあるけど、軽薄な感じが否めない。謎解き要素がほとんどなく、だからと言ってアクションがあるわけでもない。

(これを言っちゃあストーリー的におしまいかもしれないが、)そもそも国家の首脳たち、しかも先進国のG7ともあろう人たちが、一個人の財宝を目当てにするだろうか…。

あと、国家保安局の木戸千恵子は、あんなに多国籍軍の飛行機を撃墜しまくってたけど、あれは大丈夫なのだろうか…。

「?」と所々で思い浮かんでしまうことが多い作品だった。

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』はどんな人にオススメ?

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』は、ルパンが好きな人にはおすすめしておきたい。

今作は銭形のとっつぁんもちょい活躍するシーンがあるので、銭形のとっつぁんファンにはおすすめである。

終わりに

『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』についてレビューしてきた。

特にいうこともないのでこの辺で終わろう。