【ネタバレ感想】『ゴースト/ニューヨークの幻』は、切なさが募る名作映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『ゴースト/ニューヨークの幻』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『ゴースト/ニューヨークの幻』ってどんな映画?あらすじは?

『ゴースト/ニューヨークの幻』は、1990年公開のヒューマンドラマ・恋愛映画。

監督はジェリー・ザッカー。主演はパトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ。

あらすじとしては、「サムとモリーは恋人同士だったが、ある夜、暴漢に撃たれてサムが死亡してしまう。しかし、サム自身は幽霊となっていて、モリーのそばについていたが、驚愕の事実が判明する」という物語である。

ニューヨークの銀行員として誠実に仕事をしているサムは、陶芸家として活躍しているモリーとともに引っ越しをしていた。

友人のカール(サムと共に一緒の銀行で働いている)も引っ越しの手伝いに来てくれて、サムとモリーは仲良く暮らしていた。

ある日、サムとモリーは舞台を観た帰りに一人の暴漢に襲われてしまう。

銃を持った暴漢と格闘するサムだったが、ついに暴漢に撃たれてしまい、サムは死亡してしまう。

泣き崩れるモリーだったが、サムはなんと幽霊としてその場に存在していた。

自分が幽霊になったことが信じられないサムだったが、徐々に受け入れていく。

そんな折、モリーの元にサムを襲った暴漢がやってきたのをきっかけに、どうにかしてモリーが危険な状態にいることを本人に伝えようとしたサム。

あるインチキ霊能力者の看板を見つけて入ってみると、明らかにインチキくさいことをやっていた。

しかし、なぜかサムの言葉は聞こえて、不気味に思った霊能力者メイはサムの助けをするようになる。

『ゴースト/ニューヨークの幻』は、切なさが募る名作映画だった

というわけで『ゴースト/ニューヨークの幻』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「切なさが募る名作映画だなぁ」

という感じである。

とにかく良い。なるほど、これが名作映画か…という感じだ。

私は正直、恋愛映画があまり得意ではない。

タイタニックは最高に面白い映画だったが、いわゆる恋愛に主点を起きすぎた映画を見るとなんだかむず痒くなってしまうのだ(特に、日本の若い俳優を起用しているような恋愛映画はその最たるものである)。

しかし、『ゴースト/ニューヨークの幻』に関してはただの恋愛映画ではない。

恋愛映画であるには変わりないのだが、恋愛に主点をおきすぎていないところが良い。

『ゴースト/ニューヨークの幻』は、いわば復讐劇を繰り広げる映画である。

主点は恋愛でありつつも、サブウェポン的に「復讐劇」を連ねている。

それらの作用からか、恋愛映画ほどくどくどしくなく、かと言って復讐劇ほど冷酷さを感じるかというとそうではない。

うまい具合に恋愛と復讐が折り重なって、とても良いバランスを保っているように思われる。

なるほど、名作と言われるにふさわしい映画だ。

『ゴースト/ニューヨークの幻』の良い点

『ゴースト/ニューヨークの幻』の良い点は挙げるとキリがないので、個人的に「ここは最高だった」という点を2つほどあげておこう。

1つ目は、ストーリー構成の良さである。

前述したが、ただの恋愛映画ではなく、ヒューマンドラマ的要素をはらみつつも、復讐劇というちょっと生々しい副題も置いている。

これらをうまくまとめ上げているストーリー構成には感服するし、その復讐劇もちゃんとスカッとする形でオチをつけるのもグッド。

サクサクとストーリーが進んでいくわけではないが、だからと言って不快にも感じない。

素晴らしいストーリー構成だと感じた。

2つ目は、ウーピー・ゴールドバーグ演じる『メイ』である。

名作映画にはほぼ必ずと言って良いほど、個性的な助演が登場する。

例えば、『ジャンゴ』なんかが個人的には良い例かなと思う。

主人公のジャンゴはもちろん、助演で登場する歯医者の先生なんかはかなりキャラが際立っている。

それと同じように、『ゴースト/ニューヨークの幻』におけるウーピー・ゴールドバーグはキャラが良い意味で際立っていたのだ。

一見すると犯罪歴アリな嫌な女性である『メイ』だが、実はちゃんと優しい一面を持ってるのも良い。

そのギャップに、私の心も掴まれた。

『ゴースト/ニューヨークの幻』の悪い点

『ゴースト/ニューヨークの幻』の悪い点は、正直…ない。

強いてあげるなら、映像がちょっと古いかな…ってところだが、それはもう1990年の映画なのだから致し方ない部分である。

この時代の映画にしか出せない味を感じるので、その古さもまた、まるで年代物のワインのような深さを感じる。

悪い点のない、良い映画である。

『ゴースト/ニューヨークの幻』を総合評価するなら?

『ゴースト/ニューヨークの幻』を総合評価するなら、星5中の星5評価である。

文句なし、星5評価である。

全体的なバランス、そして出演者たちの演技はもちろん、『ゴースト』としての切なさもちゃんと演出されている。

もっと早く観ておけばよかった…と後悔するぐらい最高な映画である。

『ゴースト/ニューヨークの幻』はどんな人にオススメ?

『ゴースト/ニューヨークの幻』は、恋愛映画が苦手な人におすすめしておきたい。

私のように、恋愛映画が苦手な人が少なからずいるとは思うが、そういう方こそぜひ手にとってもらいたい映画である。

前述しているが、ただの恋愛映画ではなく、復讐劇的な側面もあるので、いわゆるアクション映画などが好きな人も楽しめるはずだ。

終わりに

『ゴースト/ニューヨークの幻』についてレビューしてきた。

余談だが、『ゴースト/ニューヨークの幻』でウーピー・ゴールドバーグはアカデミー賞助演女優賞を受賞したらしい。

納得である。

あれほどキャラの濃い役が助演女優賞を取れない方がおかしい。

素晴らしい映画だった。