【ネタバレ感想】『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、後日談とプレビュー要素満載のアニメ映画だった

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、後日談とプレビュー要素満載のアニメ映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』ってどんな映画?あらすじは?

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、2013年公開のアニメ映画。

監督は長井龍雪。主演は入野自由、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織、近藤孝行。

あらすじとしては、「アニメ版のプレビューと、めんまがいなくなった後の超平和バスターズの後日談」という物語である。

アニメ版でめんまが成仏してから1年後。

超平和バスターズの面々は、成仏しためんまに向けて各々が手紙を書き、それをお焚き上げする計画をたてた。

各々がめんまに寄せる思いとともに、1年前の出来事が蘇る。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、後日談とプレビュー要素満載のアニメ映画だった

というわけで『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「後日談とプレビュー要素満載のアニメ映画だなぁ」

という感じである。

この映画、全体を通してアニメ版を見た人向けの映画となっている。

私はアニメ版をリアルタイムより少し遅れて追っていったので、一応見てはいた。

また、今作自体も劇場へと足を運んで鑑賞したのを覚えている。

今回またこうして鑑賞をさせてもらったが、鑑賞して思ったのはこれは本当にファン向けの映画…ということだろうか。

例えば、「エヴァンゲリオン劇場版」(序や破)などは、テレビプレビュー版的な要素がありつつも、テレビ版とは違ったストーリーが徐々に展開されていく。

そのため、「新しい作品」として楽しめたのだが、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に至っては後日談となっていて、尚且つテレビ版のプレビューも時系列を無視しているため、まさにファン向け映画となっている。

それはそれでマーケティング的に成功しているとは思うが、若干とっつきにくい感はあったかな…という印象だ。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の良い点

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の良い点は、やはり作品自体の雰囲気にあるだろう。

夏。そして埼玉は秩父。

あの緑豊かでありつつも、郊外であるため都会とはまた違う…そんな不思議な感覚のするところが舞台なため、ギュッと胸を締め付けられる感覚を覚える。

ノスタルジーな気持ちにさせてくれる、そんな映画である。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の悪い点

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の悪い点は、プレビュー要素だろうか。

個人的には、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は完全な後日談映画とした方がよかったように思う。

めんまをもう一度現世に…というのは邪道すぎるが、なんとなくプレビューよりも「新ストーリー」を展開した方がよかったな…と思った。

それこそ、過去のストーリーをより緻密に描ききるとか…。

じんたんのお母さんとのストーリーをもっと掘り下げるとか。

色々と「新ストーリー」は開拓できたはずなので、個人的にはその点が惜しいな…と思う。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を総合評価するなら?

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を総合評価するなら、星5中の星3評価である。

まぁ、アニメ版の踏襲であり後日談なので、評価としては普通。

ただ、アニメ版を見たことがない人からすれば何が何やら…という感じなのが惜しい。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』はどんな人にオススメ?

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、アニメ版を見た人にお勧めしておこう。

おそらく、これだけ見ても良くわからないはずだ。

終わりに

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』についてレビューしてきた。

特に言いたいこともないので、この辺で終わろう。