【ネタバレ感想】『イージー・ライダー』は、ストーリー性も何もないつまらない映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『イージー・ライダー』をみたので、さっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだみていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『イージー・ライダー』ってどんな映画?あらすじは?

『イージー・ライダー』は、1969年(日本だと1970年)公開のヒューマンドラマ映画。

監督はデニス・ホッパー。主演はピーター・フォンダ、デニス・ホッパー。

あらすじとしては、「自由にバイクで旅する二人組は、いく先々で人々の拒絶にあう」という物語である。

キャプテン・アメリカとビリーは、二人でバイクに跨って旅をし、たくさんの人と出会う。

そして、最後にはなぜか撃たれる。

『イージー・ライダー』は、ストーリー性も何もないつまらない映画だった

というわけで『イージー・ライダー』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「ストーリー性が無くてつまらないな…」

という感じである。

この映画、ただ単にずーっとバイクで目的もなしに旅をする。

そして、いく先々で人と出会ったりして、ハプニングが起こるだけの映画である。

ストーリーが何もないので、とても退屈である。

『イージー・ライダー』の良い点

『イージー・ライダー』の良い点は、風景が綺麗だなーってことである。

それ以外特になし。

『イージー・ライダー』の悪い点

ストーリーが皆無でつまらない点である。

『イージー・ライダー』を総合評価するなら?

『イージー・ライダー』を総合評価するなら、星5中の星1評価である。

名作と呼ばれている今作だが、蓋を開けてみると個人的にはびっくりするぐらい面白くなかった。

『イージー・ライダー』はどんな人にオススメ?

古き良き時代の映画が好きな人にはお勧めしたい。

終わりに

『イージー・ライダー』についてレビューしてきた。

特にないので終わる。