【ネタバレ感想】『コンテイジョン』は、盛り上がりに欠けるヒューマンドラマ映画だった

ふぉぐです。

ついさっき、『コンテイジョン』を観終わったのでさっそくレビューしていきたいと思う。

ちなみに、ネタバレ全開でレビューしていくので、まだ観ていない方はご注意を。

では、さっそくレビューに移ろう。




『コンテイジョン』ってどんな映画?あらすじは?

『コンテイジョン』は、2011年公開のヒューマンドラマ映画。

監督はスティーヴン・ソダーバーグ。主演はマリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット。

あらすじとしては、「世界中で、高確率で死亡するウィルスが蔓延する。研究者たちは、なんとかウィルスから人々を守るために奔走する」という物語である。

香港から帰国したベスという女性。

家で夫のミッチとともに過ごしていると、突然痙攣を起こして病院へと担ぎ込まれる。

ベスは、なんと脳炎を起こして痙攣を起こしたその日に死亡してしまった。

ミッチは妻が死亡したことを受け入れることができなかったが、徐々に「妻は死んだ」ということを確認していく。

ベスが発症したのは、未知のウィルスによる感染症で、どうやらベス以外にも香港や東京で感染して死亡した人がいるのだという。

アメリカ疾病管理センター・通称CDCやWHOなどは、ウィルスの全容解明に向けて様々な研究者や調査員などを世界に派遣する。

世界をウィルスの脅威から救い出すことはできるのか。

『コンテイジョン』は、盛り上がりに欠けるヒューマンドラマ映画だった

というわけで『コンテイジョン』を観終わった。

まず最初の感想としては、

「盛り上がりに欠けるヒューマンドラマ映画だなぁ…」

という印象である。

なんだろう、全体的にのっぺりとしている。

前半こそそれなりに事件が起こりそうでワクワクしたし、ケイト・ウィンスレット演じる調査員が派遣されたりするところはなんだか本当にそういう事件が起こりそうだった。

…しかし、蓋を開けてみると山場のないのっぺりとしたストーリーだった。

ウィルスの予防薬・治療薬を作るために奔走したり、娘を守るためにミッチが奔走するのはわかるけれど、

「…それで?」

というような感想しかでないのである…。すごく退屈である。

最後のシーンで、ウィルスがどのようにして感染したのか…が出てくるが、あれもあれで特に伏線があるわけでもなかったし…。

全体として盛り上がりに欠け、いつの間にかワクチンを精製している感じの映画だったように思う。

リアリティを追求しすぎな気がする

『コンテイジョン』を観ていて思ったのは、リアリティを追求しすぎだな…というところだろうか。

もちろん、こういう映画があっても悪くはない。それこそ、「スポットライト 」のような、どちらかというとドキュメンタリーチックな映画があっても悪くはないのだ。そういう映画にも面白さはある。

しかし…なんだろう。

『コンテイジョン』はいわゆるパンデミックを描いた作品であるから、そこに犯人がいないのである。

前述の「スポットライト 」は、犯人がいる中で、どうやって犯人を暴いてやるか…を視点としているため、盛り上がり意図せずとも「犯人を暴く」というところに注力できるわけである。

だがしかし、『コンテイジョン』においては話が違う。

『コンテイジョン』はウィルス・パンデミック映画であるのと同時に、

「どうやってウィルスの脅威を止めるのか」

に焦点が当てられる。

つまり、そこに犯人はおらず、犯人はそもそもが「ウィルス」なわけだ。

ウィルスの脅威を止めるには、ワクチンを作る以外に方法はない。

そのワクチンを作る…という過程が、なんだかスッと流れていくように演出されてしまう。

リアリティを追求しすぎて、ワクチンが世界中に届けられるということに意義を感じないのである。

キャストが豪華なぶん、惜しいと感じざるを得ない

『コンテイジョン』のキャストはめちゃくちゃ豪華である。

タイタニックでおなじみのケイト・ウィンスレット。

オーシャンズ11シリーズインビクタスにも出演しているマット・デイモン。

マトリックスシリーズでモーフィアスを演じているローレンス・フィッシュバーン。

インセプションに出演しているマリオン・コティヤール。

そのほかにも、結構な役者たちが出演している。

…にもかかわらず、やっぱり『コンテイジョン』が微妙なのはストーリーや展開の問題だと言わざるを得ない…。

どれだけ豪華なキャストを用意しても、そもそもの下味がおいしくなければダメだという典型的な例のように感じる…。

『コンテイジョン』を総合評価するなら?

『コンテイジョン』を総合評価するなら、星5中の星2評価である。

うーん、微妙である笑。

全体としてのペーっとしていて盛り上がりがない。平坦な道をずっと歩いているかのような映画である。

役者たちが豪華だったのは素晴らしいが、あとの点は正直評価するほどでもないなと思ったので星2評価とさせていただこう。

『コンテイジョン』はどんな人にオススメ?

『コンテイジョン』は、ドキュメンタリーチックな映画が好きな人にはオススメしたい。

ストーリー重視でみると面白くないが、ドキュメンタリーとしてみるなら面白いかもしれない。

終わりに

『コンテイジョン』についてレビューしてきた。

余談だが、結構…感染すると高確率で死にいたる感染症というのは実際にあるから注意して欲しい限りである。

それこそエボラ出血熱などはガチでやばいのでお気をつけを(参考)。

手洗いうがい、しっかりやっていこうと思う。